安全・安心・環境の取り組み

安全・安心の取り組み

2015.08.19

雷から身を守るには

雷鳴が聞こえるなど雷雲が近づく様子があるときは、落雷が差し迫っています。速やかに安全な場所へ避難することが、雷から身を守るために有効です。

雷に遭遇した場合は安全な場所へ避難してください。
雷はところを選ばずに落ちます。近くに高いものがあると、これを通って落ちる傾向があります。グラウンドや広場などの開けた場所などの高いところなどでは人に落雷しやすくなるので、できるだけ早く安全な場所に避難してください。

安全な場所(コンクリートの建物の中)へ

鶴見緑地パークセンター・咲くやこの花館・ハナミズキホール・乗馬苑管理事務所・パークゴルフ場管理事務所・西アジアレストハウス・レストハウスつるみ・スポーツセンター・プール・球技場・庭球場クラブハウス・園内トイレ・鶴見緑地駅の建物の中や、自動車(オープンカーは不可)、バス、電車などの乗り物の中へ避難してください。

安全な空間に避難できない場合には

電柱、煙突、鉄塔、建築物などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、その物体から4m以上離れたところ(保護範囲)に退避します。高い木の近くは危険ですから、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れてください。姿勢を低くして、持ち物は体より高く突き出さないようにします。雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な場所へ移動します。

ページの先頭へ